Mac好きのアラフォーweb製作者ののんびりブログ

Mac好き、iPhone好きのアラフォーのWEB製作者がその日覚えたこと、気がついたことを備忘録的に淡々とつづるブログです。自分が忘れないために残したものが誰かのお役に立てれば…。

iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラムに申し込んでみた件

国内で販売開始されたiPhone 3Gから4、5へと乗り換えてきた生粋のiPhoneユーザーであるボクですが、iPhoneライフの中で大きなトラブルもなく来ていましたが、5の時点でちょいと不良が…。

5に機種変更してから1年ほど経った頃からスリープボタンの効きが悪くなり始めて、ロックがかけにくくなり、再起動しようにも電源が遅くなって…。
と日常の使用にもちょっと不便さを感じつつ、代替機がない場合の、修理期間中のことを考えると修理するタイミングを取りにくくて、騙し騙し使ってきましたが、購入から2年に近づくにつれて動作ももっさりしてくる頃、やっぱり直しておこうかなと、「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」に申し込んでみました。

一応連絡手段の電話機でもあるので、代替機のレンタルができなかった場合には、息子にもたせている端末をしばらく拝借してSIMだけ入れ替えて…、ということ手立てを考慮して、息子がケータイをいじる時間が長い冬休み期間中は避けて、新学期が始まったら申し込もうと、1月6日にサイトから申し込み。

ちょうど7日が始業式なので、翌日の7日に電話をもらって翌日くらいにピックアップしてくれて…とのんきに構えていたら、翌日連絡をいただいたオペレーターさんから伝えられた「大問題」が…。

ちゃんとサイトを隅々まで読んでいなかったのもあって気づいていなかったのですが、「お客様は購入から2年が過ぎていらっしゃいますので、今回の交換プログラムの適用外となり、有償でのお修理となります。」とのこと。
確かに電話を切った後にもう一度サイトを確認したら確かに書いてありました。

このプログラムは、iPhone本体の最初の小売販売日から2年間、対象となるiPhone5モデルに適用されます。

有償ならもういいかな…、と言おうと思っていたところ、こちらが電話に出てすぐに申し出ていた、「買って1年くらいで効きが悪くなってAssistiveTouchで騙し騙し使ってたんですけどね…」という言葉を気にかけてくれたオペレーターさんが、「ですが、お伝えできる結果は変わらないかもしれませんが、一度上司にあげさせていただいてよろしいでしょうか?」と。

その後、上司であろう男性の担当者さんに変わって話をさせていただいて、ちょっとこちらがバタバタしていて会話を続けることが難しく一旦切らせていただいて、後日いただいた連絡で「購入後1年くらいで動作の不良があったとのことですので今回は特別で無償で修理をさせていただきます。」と…。

話には聞いていましたが、これが「神対応」かと。

その後の流れは

  1. 13日にヤマト運輸のドライバーさんが集荷に来てくれて修理品発送。
  2. 翌日14日にアップルの修理センターに到着。Apple Supportから「お客様の製品を受領いたしました。」のメールが配信されました。
  3. 15日にアップルのサイト上で修理状況を確認するとステータスが「修理完了」。

という具合に進んでいたのですが、ステータス「修理済み製品の返送確認中」からが長く、今日は1月18日。
土日は発送業務などもろもろの業務が休みなのかな?
でも修理完了したのが木曜だから、出荷してくれんかなーと、やきもき。

とりあえず、今こんな感じ。

iPhone5スリープボタン修理状況

みなさんちゃんと注意事項を読まれるでしょうが、ちょっと動作がおかしいなあと思いつつiPhone5を使い続けておられる方は、最初の小売販売日(譲渡の可能性もあるから、一番最初に購入された「日」って意味なんでしょう。)から「2年間」までが今回の修理プログラムの期限ですよ。

アップルへのお申し出は一刻も早く!

追記

昨晩ようやくステータスが進んだ。

iPhone5スリープボタン修理状況その2

今回初めてアップル製品の修理を出しましたが、今回の修理完了までをまとめると以下のとおりでした。

  1. アップルウェブサイトより交換プログラム申込
  2. アップルサポートセンターからの電話。有償交換になるかもとのこと。
  3. アップルサポートセンターから無償交換OKの連絡。集荷先住所と時間の打ち合わせ。
  4. ヤマト運輸サービスドライバーの集荷。修理品発送。
  5. アップル修理センターに修理品到着。
  6. アップル修理状況サイト上で「修理完了」ステータスに遷移。
  7. ステータスが「修理済み製品の出荷完了」に遷移。
  8. 修理完了品受け取り。

修理完了までに時間がかかったのやら、かかってないのやら、初めてのことなのでよくわかりませんが、今回のボクの一例です。

直ってきたiPhone 梱包も専用箱ですね

直ってきたiPhone。この子でもう一度開封の儀が楽しめるとは。

修理完了iPhone5梱包状態

ちゃんと専用の箱で送ってくれるんですね。
開けてiPhoneを見てみたら、ちゃんとウラの小キズもそのままだったので、まさしくボクのiPhone5でした。